FC2ブログ

アークのそれとない話

名古屋名駅三丁目、名古屋駅から徒歩3分!アークバーの最新情報や出来事等のご紹介。またプライベートのことなどなど・・・

~HANBI pt.2~

花火より見の私生活が気になってしょうがない冨田です。

かれこれ6年程の付き合いがありますが、あんたのミドルネームは“ミステリアス”か!
ってなぐらい私生活が見えてきません。

僕らスタッフを嘲り笑う様なそのライフスタイル・・・
う~ん、イケズ・・・


さてさて、今日のお題は昨日の見に引き続き『花火』にします。

僕もここ数年花火を見に行く機会からは遠ざかっていますが、ハタチぐらいまでは
毎年欠かさず岡崎の花火大会を見に行っていました。

現在はどうなっているか分かりませんが、その当時岡崎の花火大会は
3万5千発もの花火が夜空を飾る一大花火大会だったと記憶しています。

※ここからはあまり綺麗ではない表現が長々と続きます。
ご気分のすぐれない方、またお食事中の方は読まないで下さい。

忘れもしない17才の夏の夜・・・

その当時お付き合いさせて頂いていた女性と岡崎へ。

付き合ってまだ間もない二人、彼女は可愛らしい浴衣姿。

当然僕のテンションは最高潮です。

場所取りもあったので開演1時間前には岡崎城に到着。

小腹が減っていたので屋台でたこ焼きやらフランクフルトを買って、ついでに
カキ氷を買ったのが運の尽きでした・・・

花火が始まって2時間くらいは全く気にならなかったんですが、佳境に入ったその時
僕の腸内でも花火大会開催!!

額からは脂汗が・・・これは一刻の猶予も無い!
すぐにトイレへ急がねば!!

『ちょっとトイレへ』と言おうとして横を見ると、彼女は花火を恍惚の表情で見上げている
じゃありませんか。花火の光に照らされたその横顔は僕のハートをわしづかみ!

そんな時に格好良くトイレに立てるほどその当時の僕はダンディズムを身に付けてはいませんでした。

我慢に我慢を重ねた30分・・・腸内花火大会も佳境に突入です。

『キレイだったねぇ!』 彼女は無邪気に喜んでいます。

出来るオトコならここで口説き文句の一つも飛び出すはずですが、僕の口から出た言葉は
『うん、キレイだったね。トイレ行ってきていい?』

最悪です・・・でもそんな事は言ってられません。

何気なさを装い、彼女の視界から消えるまではゆっくり歩き、見えなくなったところで
ダッシュ!!

おそらくあの時のスピードはタイソン・ゲイも真っ青だったはず。

頭の中は愛しの便器でいっぱい! でも神様は無情です。
トイレの前には長蛇の列が・・・

腸内花火職人は点火を開始しています。

人ごみを掻き分け見つけたパチンコ屋さんのトイレへ駆け込みほっと胸を撫で下ろし、
便座に腰を下ろしたその瞬間!

それまで息を潜めていた胃の中の花火職人さんたちが一斉打ち上げ!!
猛烈な吐き気と共に僕の頭は真っ白に・・・

その後の事は思い出したくありません・・・



冨田
スポンサーサイト




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<涙・・・ | HOME | ~HANABI~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |